2004年04月30日

本日の一曲(4/30)「恋ごころ」菅崎茜

cover菅崎茜という人をこの曲を聴く前から知ってはいたんですが、
この人の曲を聴いていきたいと思ったのは、この曲を聴いてから。
それほど衝撃的だったというか、超名曲と言うか。

『ふるえてる恋ごころよ 悲しき別れは
 始まりの日から とうに近づいていた
 君とここにいれることが わかりあうことが
 うれしくて こわかったよ』

最近の中学生はすごい詞を書くもんだと唸ったもんですが(笑)
それにしてもこのセンスはただ者じゃないなと。
そして大野さんの曲を歌いこなすこの歌唱力は倉木麻衣といい勝負じゃないかと。
正直、この曲を聴くまではGIZAの新人が出てきたのかぁ〜、
くらいにしか思ってなかったんですが。
この曲で印象一変。これはぜひ応援したいと。

そういう一曲って必ずありますよね。
麻衣ちゃんで言えば「Love,Day After Tomorrow」
滴草由実ちゃんで言えば、「TAKE ME TAKE ME」という感じで。
もう一箇所だけ歌詞を紹介。ここもかなり好きなところ。

『恋ごころよ 朱くなる空よ
 やがて雲は切れ 夕闇に包まれ
 明日はまたやってくるけど
 君がいない町は 少し広すぎるよ』

それからこの人の歌声はすごく大人びていて、
こういうしっとりとした曲も見事に歌い上げるわけですが。
そしてポイントは「大人びているけど嫌味っぽさがない」ってこと。
若い人が大人っぽい歌を歌う例は数あれど、
その多くはすごくわざとらしいというか、僕は好きになれないんですね。
でも、この人だけは違ったんですね。不思議なことに。

注:この曲はオススメ欄にあるアルバム「beginning」にも収録されています。



posted by toproad at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。