2004年05月23日

倉木麻衣「愛をもっと」

「明日へ架ける橋」のレビューでもこの曲についても取り上げたんですが、
僕があまりにもこの曲を気に入ってしまったので改めて記事にします(笑)
レビューでは僕はこのYOKOさんが作曲したという曲部分について特に触れたんですが、
この曲の聴き所の一つは、歌詞でもあると思います。

作詞家としての麻衣ちゃんが、ひとつ上のレベルに達したのではないかというくらい、
この「愛をもっと」の歌詞は、変化が見られると思います。

今までの麻衣ちゃんの歌詞と言えば、まさにストレート。
それが一つの特徴であり、魅力でもあったわけです。
もちろん麻衣ちゃんが歌詞を書く上での基本姿勢が変わったわけではなくて、
その手法に変化が見られたというか。
たぶん、この変化も今後こちらに移行していくと言うものではなくて、
曲のタイプ次第なんだとは思うんですけどね。

僕としてもどちらが良いということはなくて、
どちらも一長一短。ストレートに伝えるべき場合もあると思いますし、
多少、捻りと言うか工夫した方が伝わる場合もあるのではないかと思います。

今回、なぜこんなにも僕が絶賛気味に話しているのかと言うと、
この「愛をもっと」の曲に、この歌詞がピッタリとハマっているから。
こういう歌詞の良いところは聴けば聴くほど考えさせられるというか。
そういう意味で何度も何度も繰り返し聴いてしまうわけなんですが。

シングルA面にする曲って言うのは、そんなに考えさせている暇がないわけですから、
どうしてもストレートに分かりやすい歌詞にせざるを得ないんですよね。きっと。
もしかしたら僕が麻衣ちゃんに限らずカップリング曲が好きな理由っていうのは、
その辺にあるのかもしれません。
カップリングの方がよりジックリ聴いて味が出るからなのかもと思いました。

カップリングをただのおまけと考えずに、
今回も麻衣ちゃんは妥協のない2曲を届けてくれました。
ファンとしては変わらぬその姿勢に安心したと同時に、
どうにかしてこれらを一人でも多くの人に聴いてもらいたいと思いました。
りょさんの言葉を借りるなら「最強のカップリング」です。
特に「愛をもっと」はtoproadのイチオシです。



posted by toproad at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ。
まさか自分の名前が記事の中に出てくるとは。
なんか感激しちゃってます。

「愛をもっと」の歌詞をみると、ほんと麻衣ちゃん大人になったなぁ…と。
僕も少しは大人になれと(爆)
ちゃぶーさんの提唱する「ファルセットe」が堪能できる曲ですし、
イイ曲ですねぇ。激・イイ曲ですねぇ。
YOKOさんグッジョブです。
Posted by りょ at 2004年05月23日 01:30
りょさん、こんばんは。
勝手に名前使っちゃってすみません。そう言ってもらえて良かったです。
「ファルセットe」は確かに麻衣ちゃんの真骨頂と言えるかもしれません。
聴いていて最高に気持ちいい声ですよね。
YOKOさんが最高なのは前から気づいていましたが、
この曲を聴いてますますYOKOさんの曲が好きになりました!
Posted by toproad at 2004年05月23日 03:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。