2004年01月24日

隠れた名曲 第四弾

ミスチルソングを3曲続けて紹介しちゃったんで、
今度は倉木麻衣にしようと思います。

実はこの曲は紹介しようか迷ったんですよ。
なんでかっていうと、
倉木麻衣史上、一番売れたアルバムのアルバム曲だから(笑)
実際これは隠れているのか?という感じがして。

でも結局紹介します。
それほど僕が好きな曲なんで。

その曲はアルバム「delicious way」の中の「happy days」
この曲はですね、麻衣ちゃんが親友に向けて書いた歌詞で、
そのエピソードはファンの間では有名です。
また、最初この曲のタイトルは「Memories」だったらしいんですね。
ですが、”単に思い出として終わってしまうのではなく、
まだ続いていることを表したい”ということで「happy days」に変更されたそうです。
僕はこの変更を大きいと思うんですよ。「Memories」だったらここまで愛される曲になったでしょうか?(←なったかもしれませんが)
でも、少なくとも僕の印象は変わっていたと思いますよ。
そんな「happy days」はライブでも何度も歌われたりして、
麻衣ちゃん自身も大切にしている曲なんだなということが伝わってきます。

「右手に君の手を 左に見えない明日を」

切なくて、でも力強いっていうか。
こんな場面が誰にでも少なからずあるんじゃないですかね。
それを17歳の等身大の視点で書かれたこの曲は、
いつまでもこのままの輝きを放ち続けるではないでしょうか?

今回の「Wish You The Best」は進行形のベストアルバム。
いつの日にか、ファン投票で選曲するようなベストアルバムが発売されるとしたら、
この曲は絶対に入るでしょうね。それほど愛されている曲だと思います。


posted by toproad at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。