2004年06月29日

Mr.Children「I'll be」と「I'LL BE」

この「I'll be」という曲は、
アルバムバージョンとシングルバージョンでアレンジが変わっています。
アルバムバージョンが「I'll be」、シングルバージョンが「I'LL BE」と表記されます。

この2つのバージョンは同じ曲でありながら、全く違う印象になっています。
僕が好きなのはスピード感に溢れ、勢いのあるシングルバージョンなんですが、
あるときふとアルバムバージョンの「I'll be」もいいなと思った時がありました。
それはDVDの「CONCERT TOUR POPSAURUS 2001」を見ていた時でした。
最初に見た時は、『あ〜アルバムのか。ガッカリ』という感じだったんですが、
どうもその時はやけに良く聴こえたんです。良い意味での重々しさがあって。
勢いのあるシングルバージョンよりも、歌詞が染み渡るのを感じたんです。

『 生きている証を 時代に打ち付けろ
    貧弱な魂で 悪あがきしながら 』

この曲ではこの歌詞が一番好きですね。
なんか頑張んなきゃと思わされると言うか。
この曲は『がんばれ がんばれ』と励まされると言うよりは、
一人でほっぽり出されて、『やってみな』と言われている感じですね。
う〜ん、何度聴いても良い曲です。

アルバムバージョン、シングルバージョンどちらも良いです。オススメ。



posted by toproad at 00:39| Comment(2) | TrackBack(1) | オススメの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕はその次の、
『何度へましたっていいさ 起死回生で毎日がレボリューション』
っていうところも好きですね。

人間、追い詰められた時こそ起死回生の一発が出るんんじゃー!…と。
『悪あがきしながら』も、最後には『レボリューション』と。
あぁ。そんな勝負強さがほしい。

私事ですが、「夏だし…ミスチル爽やかベスト!」を企画中でして、
もちろん「I'LL BE」は含まれる予定です。
Posted by りょ at 2004年07月01日 02:07
りょさん、こんばんは。
>あぁ。そんな勝負強さがほしい。
確かに(笑)『毎日がレボリューション』とは、かなり前向きな歌詞ですよね。
僕もこの部分、好きですよ。っていうかここも含めてですね。

あと「夏だし…ミスチル爽やかベスト!」いいですねぇ。
僕も考えてみようかな。
Posted by toproad at 2004年07月02日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

I'll be と I'LL BE
Excerpt: この2曲 知っている人は知っている 名曲中の名曲です 一つはアルバム内の曲 もう一つはシングルカットとして発売された曲 それぞれにはこんなエピソードが・・・
Weblog: 落ちないナックル
Tracked: 2004-08-19 13:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。