2005年07月04日

快挙・シーザリオ!!

シーザリオ&福永コンビがまたやってくれました!
しかも今度は米GT・アメリカンオークスですよっ!!
日米オークス制覇って、競馬ゲームの話みたいですが(笑)
朝、会社に行ったとたんにネットでこのことを知って、やけにテンション上がりました(^_^;)
誰もいなかったら雄叫びでも上げたいところでしたが、会社なのでそれは出来ません(爆)
競馬好きの上司に言ってみたら、朝からなにかと思ったとかあっさり言われて、
僕のこの盛り上がりはどうしたらいいんじゃーっ!!
なんて、言えないですけどね(笑)

それはともあれ、陣営の皆さん、おめでとうございますm(_ _)m
アメリカのGT制覇って、まさに快挙ですよ。
日本馬が海外のレース勝ったのも久しぶりですしね。
あと、良かったのはアメリカでサンデーの孫が勝ったってことでしょうか。
なんか感慨深いものがありますよね…。
競馬ファンとしては今夜、シーザリオ特番をやって欲しいくらいの大快挙ですよね。
やるわけないですけど(笑)

僕はまだレースの映像を見られていないわけなんですが、
聞くところによると4馬身差の圧勝劇だったとか。
日本のオークスではヒヤヒヤものの勝利だったわけですが、
そのうっぷんをアメリカで晴らしたわけですね(笑)
確かにシーザリオが強いのは間違いないんですけども、
それ以上に福永騎手の今年の目覚しい活躍が凄いと思うわけですよ。
完全にひと皮剥けたなと。
今回だってかなりのプレッシャーがあったと思うんですよ。
アメリカでは日本馬が勝ったことがない上に、かなりの人気を背負っていましたし。
武豊騎手も応援しているようなことを言いながらプレッシャーかけてるし(笑)
こちら←6/30の日記参照
それらを跳ね返すわけですからね。すごい人です。はい。

そうそう、早くも秋にはBC挑戦プランも浮上しているようです!
でもまずは秋華賞なんでしょうか。
そうしたらやっぱりラインクラフトとシーザリオがぶつかるんですよね。
福永騎手はもうシーザリオに乗らざるを得ないんじゃないでしょうか?
日本のオークスを勝っただけなら、
まだラインクラフトに分があったようにも思うんですが。
もしかしたらラインクラフトは路線変更するかもしれませんね。
短距離路線へ。まあ短距離路線も甘くはないですけども。

なんかやっぱり海外で日本馬が頑張るのは嬉しいですね。
今日はエルコンドルパサーやタイキシャトルやステイゴールドの時並みに興奮しました。
いや、それ以上でしょうか。
アメリカでのGT制覇は日本馬の悲願でしたからね。

シーザリオはまずは無事に帰ってきて、ゆっくり休んでもらいたいです。
そして、秋にまた元気な姿を見せて欲しいと思います。

posted by toproad at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4829693

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。