2005年07月18日

メジロドーベルの娘

昨日、新潟6Rにてメジロアレグレットという馬がデビューしました。
この馬は僕が大好きだったメジロドーベルの娘なんですよねぇ。
父は新種牡馬アグネスタキオンということで、
父、母ともに現役を知っているだけに、愛着も沸きまくりです。
まああくまでも僕はタキオンよりもジャンポケ派だったわけですが、
それは今はとりあえず置いておきます(笑)

で、このメジロアレグレットがドーベルの初子かというとそうではありません。
実はこのアレグレットはドーベルの3番目の子です。
上の2頭がどうなったかというと・・・
僕がメチャクチャ期待していた初子はメジロヒラリーという名前で、
父はなんとエルコンドルパサー。僕が応援しないわけにはいかない血統です(笑)
ちなみにPOGでもちゃんと取りましたよ。
ただこの子は脚元が弱くて、結局デビューできずに終わります。
そして2番目の子は父がサンデーサイレンスで、恐らくかなり期待を集めたと思うんですが、
不幸なことにこの馬は片目を失明してしまいます。当然この馬もデビュー出来ませんでした。

というわけで、アレグレットは3番目の子にして待望のデビューにこぎつけたわけです。
これはもうメジロドーベルファンだった僕としては期待せずにはいられません。
ただ、どうやら僕が期待しすぎたせいもあって、今日は負けてしまいました(笑)
が、陣営の期待も相当大きいらしく、ドーベルに似ているところも多いということで、
きっと人気を集めるでしょうね。僕も楽しみです。

とりあえず今日は産駒がデビュー出来たということで、
メジロドーベルにおめでとうと言ってあげたいです。
アレグレットはお母さんが偉大すぎるのでちょっと可哀相ですが、
まずは1勝目を目指して頑張って欲しいです。
posted by toproad at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5161681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。