2005年08月30日

倉木麻衣「FUSE OF LOVE」レビュー

「FUSE OF LOVE」が発売されて、早一週間が経過しました。
FUSE OF LOVE.jpg
この一週間、ホントにたくさん聴きました。
何度も何度も聴きました。アルバム通して30回以上は聴いたでしょうね。
そして、ようやくレビューを書きます。
僕にとってこの「FUSE OF LOVE」は大切な作品になると思います。
シングル曲の出来から、リリース前はかなり不安な部分もありました。
でも、いざ蓋を開けてみれば、麻衣ちゃんはやっぱり麻衣ちゃんだったと、
僕らを安心させるには十分すぎる会心の作品。むしろ期待以上です。

「Honey,feeling for me」これを聴いたときに受けた印象は、
「Fairy tale〜my last teenage wish 〜」を聴いた時の印象に近かったように思います。
久しぶりに鳥肌が立ったというか。やってくれたよ、というか。
ついつい着うたをダウンロードして、着信音に設定しちゃいましたよ。
着うたなんて滅多にダウンロードしないのに。
正直なところ、この1曲でかなり満足しました。が、まだおまけが11曲も。
というわけで、聴き進めていくわけですが、出る曲出る曲イイわけですよ。

まあシングル曲については後で書くとして、アルバム曲だけとりあげても、
「駆け抜ける稲妻」はタイトルを見たときの印象とは一変して大好きな曲になりましたし、
「Don't leave me alone」かなりしっとり系で、ありそうでなかった感じで新鮮。
「Tell me what」夏らしいポップなナンバーで、「Lover Boy」を彷彿とさせる良曲。
「LOVE SICK」はいい意味で、期待を180度裏切られました。かなりノリが良くて何回聴いても飽きない。
「I sing a song for you」は文句なしに名バラード。歌詞がかなりグッと来ます。シンプルな編曲も大正解。
「chance for you」の合唱から拍手という手法はまあありきたりと言えばありきたりですが、麻衣ちゃんがやったことに意義があります。特に合唱の部分はなかなかイイですね。

まあもちろん不満がないわけじゃないですよ。
なんでYOKOさんの曲がないんじゃーっ!!とか思いますし。
YOKOさんファンですから(笑)
でも、それを抜きでこれだけのアルバムを作れたんですからね。

それとアルバムとしての聴かせ方っていうのか、バランスがとても良いのも特徴ですね。
序盤、さわやかなナンバーで攻めて、中盤はポップなナンバーで盛り上げて、
そして「明日へ架ける橋」以降終盤は完全に締めに入ると言う。
このバランスの良さも、僕がこのアルバムを気に入っている理由です。

最後にシングル曲について。
正直、シングル曲としてはどの曲も弱かったように思います。
「明日へ架ける橋」はまあいいとしても、今年の3曲はですね。
ただ、アルバムの中の一曲としてはどの曲もかなりいい味を出しています。
むしろかなりの存在感があります。
特に「You look at me〜one」「Love,needing」「明日へ架ける橋」なんかは。
シングル曲としては問題ありなのかもしれませんが、このアルバムを語る上では、
僕は十分にその役割を果たしていたように思います。

アルバム5枚の中での評価は、「FAIRY TALE」「delicious way」に次ぐ3番手です。
もちろん今のところですから、今後変わってくる可能性はあるんですけどね。
かなり僕の中での評価は高いです。

iTMS「FUSE OF LOVE」
posted by toproad at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | CD/DVD等 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまだに毎日、聴きに聴きまくっていますが…
やはりハニーちゃんと「LOVE SICK」のリピート率が高いです♪

YOKOさんはアルバムの発売でもモメましたし、やはり「大人の事情」?
GIZAファンとしては、それだけは避けてほしいのですが(´Д` )

っと、いまだにちゃんと歌詞カードを読んでいない僕です(((; ̄∇ ̄)
Posted by りょ at 2005年09月09日 03:44
今日ようやくアルバム買いました
というのも今日ライブに行って

あまりに知らない歌が多くてビックリ(遅

「ファン」とか言えなくなってきた・・・(ー△ー;)

生で聞いて、一番グッときたのが
「i sing a song for you」でした<大野さん、さすがっす!!ラヴ!!
「don't leave me alone」もすごくよかったです。

私も同じく「honey,feeling for me」「love sick」が印象に残りました。

全体的に、余裕で澄んだ感じのする曲が多い気がします。吹っ切れた感じ??イイこと☆
Posted by emily at 2005年09月10日 23:44
>りょさん
そういえば、りょさんは歌詞カード読まない人でしたね(笑)
ま、僕も年中見ているわけではないですけども、たまに見ると発見ありますよ。
全然違うこと言ってるように聴こえてたりね。

YOKOさんの曲があれば相当にレベルの高い作品になったんじゃないか、
なんてついつい考えちゃうんですけど。
ま、今でも十分レベル高いですね(笑)

>emilyさん
ライブ行ったんですねー!
まあ確かにアルバム聴いてなければ、知らない曲だらけでしょうね(笑)
今回、僕たちの大好きな大野さん曲が目白押しで、
なんとも嬉しいアルバムですよね。
またしても大野さんのすごさというか、懐の深さを再認識しましたよ。
あと『吹っ切れた』にはすごく頷けます。

さて、そろそろ大野さんの3rdアルバムの発売はないかな?
ないだろうな(笑)
Posted by toproad at 2005年09月13日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6392611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。