2005年10月02日

完敗。スプリンターズS結果

いや〜、サイレントウィットネスですか、やっぱり。
強いんですね。1200mで負けなしというのも頷けます。
だからこそデュランダルには勝って欲しかったというのが本音です。
世界の強豪を倒して、真のチャンピオンになって欲しかった。

とは言え、昨年の香港以来となるこのレースで、
あれだけの末脚を繰り出せるというのもやはり凄いとは思います。
勝つことこそ出来ませんでしたが、最後の脚の確実さ、安心感というのは、
ディープインパクトに勝るとも劣らない。
むしろデュランダルのほうが凄みみたいのはあるかもしれませんね。

ちなみに僕は結局サイレントウィットネスも買っちゃったんですよ。
デュランダルがサイレントウィットネスを最後差し切っていれば取れたんですが。
でも見応えのある素晴らしいレースだったと思います。
馬券はとりあえず置いておいて(笑)

強い馬と強い馬の直線の攻防、ゾクゾクしましたね。
これから行われる秋のGTもこんなレースが多いことを期待しています。
とりあえず来週は、相性のいいような気がしている毎日王冠を頑張ります(笑)

posted by toproad at 16:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー、やっぱこの距離では無理でしたね(汗
さすが「香港の英雄」。

…一瞬カルストンが「やったか!」と思いましたけど。

ディープインパクトもデュランダルも、
後ろが不利な馬場でも関係なく来るのが凄いですね♪
Posted by りょ at 2005年10月02日 23:46
僕もカルストンか!!と思いました(笑)
4コーナーから直線入り口は彼の舞台でしたよね。
サイレントウィットネスは文句なしに強いでしょう。
ただ、それを追い詰めたデュランダルはデュランダルで恐ろしいほどに凄かったですが。
ディープとデュランダル、主戦場は違いますけどなんか近いものを感じるような気がします。
Posted by toproad at 2005年10月03日 23:33
> 恐ろしいほどに
ヤ、ヤバイですよデュランダル…
上がり3F・32.7だそうですよ((((゜Д゜;)))ガクガクブルブル
Posted by りょ at 2005年10月03日 23:45
シルフィードみたいですね!(って伝わる?)
これは負けはしたけど伝説ですよ。
いくら速い馬場とは言え、32.7ってねぇ・・・。
これは無事に出てくればマイルCS3連覇は間違いなしですね。きっと。
楽しみです♪
Posted by toproad at 2005年10月03日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7600543

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。