2005年10月16日

秋華賞感想

いやぁ〜、まさかエアメサイアが勝つとはね。
僕はこの馬のお母さんのエアデジャヴーが好きだったんですよ。
好きだったがゆえに、このエアメサイアもお母さんと同じような運命なんじゃないかと思い込んでいました。
それはもちろんGTを勝てずに終わってしまうっていうことなんですけど。

お母さんは桜花賞・オークス・秋華賞でそれぞれ3着・2着・3着。
惜しいところで結局勝ちきれずに終わってしまいました。
この年はファレノプシスがいたんですよねぇ。この馬も強かったんですけど。
で、そのお母さんの宿敵・ファレノプシスに騎乗していた武豊騎手がこの馬の主戦になったわけです。
なんとも奇妙な巡りあわせと言うか、運命と言うか。
その名手・武豊をもってしても春の大舞台では惜敗を繰り返したもんですから、
もう僕なんかはほぼ諦めムードですよ(笑)いいお母さんになってくれと(爆)
ところがどうですか!秋になってからのこの躍進ぶりは!!
ローズS→秋華賞を連勝ですよ。王道ですよ、王道。

ちなみに今日僕はラインクラフト中心の馬券を買っておりました。
なぜならラインクラフトも好きだから。
僕の中でエアメサイアはもうGTには縁のない馬になっていたから(笑)

まあ馬券は外しましたけど、素直に嬉しいですよ。
好きだった馬の子供が活躍するっていうのはホントに競馬やってて良かったなぁと思える瞬間ですね。

ただ、ラインクラフトは強いです。あれだけスタートから4コーナーまでかかり通しで、
最後あれだけ粘りを見せるわけですからね。
気性的に2000mで勝つのは今後も難しいかもしれませんが、マイルとなれば話は別です。
ペースが必然的に早くなりますし、まさにこの馬にベストな距離ですからね。
次はマイルCSでしょうか、デュランダルという強敵はいますが、
斤量差を生かせば、もしかしたらもしかしないですかね?なんか期待しちゃいます♪

あと、エアメサイアについては次はエリザベス女王杯でしょうが、アドマイヤグルーヴも出ますよね?たぶん。
その時、武豊騎手はどちらを選択するでしょうか?恐らくアドマイヤグルーヴだと思います。
なので今こそお母さんの主戦騎手だった横山典さんの出番ですよっ!
しかも相手はお母さんの宿敵・武豊!!
これは撃破して、ホントの悲願を達成してもらいたいものです。
posted by toproad at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。