2005年10月23日

無敗の三冠達成。

やってくれましたね。ディープインパクト。

正直、こんなにハラハラさせてくれたディープは初めてでした。
スタートの前に、中途半端にいいスタートはいらないぞと思っていたのですが、
どうもパドックから本馬場の様子を見ていると落ち着きすぎていて、嫌な予感がしました。
案の定、これまでの7戦で一番良いスタートを切ってしまいました(笑)

そのおかげで慣れない中団追走という形になり、やや引っかかり加減に。
武豊騎手もホント抑えるのに必死な様子。
これはまさか・・・と、レース前では全く考えなかった、
負けるというシーンもあるのか?と思いましたが、
やっぱりディープインパクトはディープインパクトでしたね。

そんな余計な不安も吹き飛ばすような3コーナー過ぎからのパフォーマンスは、
これぞディープインパクト!!いうような素晴らしい走りでした。
特に最後の直線なんて弾丸ライナーと言わんばかりの物凄い迫力。
2戦目の若駒Sの時の勝ち方も圧巻でしたが、この馬は京都はなかなか合うようですね。
ま、どの競馬場でも文句なしに強いんですけど(笑)
今日の菊花賞を現場で見られた人は一生の自慢になりそうですね。
僕も出来ることなら見たかったですが、さすがに京都は遠くて。
でもまあ僕は2冠目で、競馬の祭典・日本ダービーをしっかりと観戦しましたから。
これを一生の自慢にしていくつもりです(笑)

あと、武豊騎手の勝利騎手インタビューも印象的でした。
ホント安堵感というか、ホッとしたというか、そういう感じが伝わってきました。
彼でもあのような状態になってしまうのですから、
そのプレッシャーは相当なものだったのだと想像できますね。
武豊騎手以外では成し得ない、今日の無敗の三冠達成だったのだと思います。
ディープインパクトは乗り難しいという話も聞きましたが、
色々な意味で、ディープインパクトには武豊しか有り得ないと思います。
武豊あっての今のディープインパクトなんだと思いましたね。今日は特に。

さて、今日は見ることが出来ませんでしたが、この後は関東のGTが続きます。
ディープインパクトが出てくるのか、それはまだハッキリとは分かりませんが、
少なくとも有馬記念には出てくるのではないでしょうか?
あわよくばジャパンCも?史上初の3歳5冠馬とかなったらすごいですねぇ。
あのルドルフでもジャパンCは負けていますからね。
ルドルフ越えに挑戦ってところでしょうか。
出来れば僕はジャパンCも有馬も参戦したいなぁと考えています。
体力とお金と、その辺とは相談しなくちゃなりませんが(笑)
ディープインパクトの走りは出来るだけ何度も見たいです。
そんな風に思わせてくれる、ホントに凄い馬ですよね。

あ、そうそう、馬券は散々でした(笑)ま、馬券は二の次でしたからOKです。

最後にディープインパクトと武豊騎手、それと関係者の方々に心から、

『ありがとう』

を言いたいと思います。
本当にありがとうございました。
そしておめでとうございます。
次はまた東京競馬場で待ってますよ!!(笑)
posted by toproad at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
武さん、さすがに相当緊張してたみたいですねぇ
それでもしっかりと仕事をやってのけるのだからやはり凄い♪

> 落ち着きすぎていて、嫌な予感
たぶん、みんな同じこと考えましたよね(笑

いや〜 この馬のこれからが楽しみでしょうがないです( ´∀`)
Posted by りょ at 2005年10月25日 12:21
そりゃ緊張しますよね。
やり直しがきかないのはどのレースも同じですが、
これだけ社会現象みたいになっちゃうとねぇ。
負けたら何言われるか分かりませんし(笑)
たぶん、この重圧に耐えられたのは日本競馬において武豊の他にはいないでしょうね。

>これからが楽しみでしょうがないです
僕もです。
次はジャパンC?有馬?そして来年は海外遠征?
考えるだけでワクワクします。
ダービーの頃から言ってますが、とにかく無事に走り続けて欲しいです。
Posted by toproad at 2005年10月25日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8498875

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。