2005年10月29日

馬単一点勝負−武蔵野S、スワンS編

新コーナーですよ!(笑)
巷では『馬単のtoproad』と、・・・・言われていません(爆)
馬単大好きな私です。それはなぜか。
持論として「3頭も当たらないYO!」というのがあります。
そう、3頭は難しいのです。
これは3連複が発売したころから言ってました。
しかも今では3連単などという、天地がひっくり返っても当たらなそうな、
そんな馬券が世間では大流行しております。(僕も買いますけどね(笑))

そこで今一度、馬単の魅力を見直そうじゃないか、
馬単の男らしさを再認識しようじゃないかという主旨の新コーナーです。
別に「そんなん分かってるよ」という意見があちこちから聞こえてきそうですが・・・。
ま、気にせずいきます(笑)

第一弾は、武蔵野SとスワンSの豪華2本立てでお送りします。

まずは武蔵野Sから。
ここには『砂のディープ』の異名を持つ、カネヒキリが登場してきました。
初の古馬戦ということですが、この馬には問題ないでしょう。
この後に恐らく出走すると思われる、ジャパンCダートに向け負けられない一戦です。
サクッと勝ってもらいましょう(笑)
で、相手は同じ勝負服のサイレントディールにします。
一昨年このレースを勝った時のペリエ騎手が乗ってきました。
しかもこのコンビ、フェブラリーSでも2着しています。
東京ダート1600mならば走る。行けますよ、今回の予想(笑)
では結論。武蔵野S馬単一点勝負は・・・

8.カネヒキリ→15.サイレントディール

ちなみに9:37現在、11.2倍です。

次にスワンS。
ここには秋華賞から中一週。勝負をかけてデアリングハートが登場します。
初の古馬戦で確かに厳しい面はあるとは思いますが、そこは53キロの斤量でカバー。
桜花賞3着、NHKマイル2着の実績を胸に、短距離界をリードしていって欲しいです。
さあ、2着探し。ここはサイドワインダーでいいでしょう。
なんと言っても京都は得意の舞台。距離はマイルのがいいでしょうが、
だからこその2着予想です。デアリングハートに届かず2着です。
結論。スワンS馬単一点勝負は・・・

4.デアリングハート→1.サイドワインダー

ちなみに9:37現在、43.3倍です。


さて、あったるかな〜♪当たらないと数回で打ち切りも有り得ます(爆)
ちなみに明日は東京競馬場へ。明日の一点予想も後ほどアップします。
posted by toproad at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。